NEWS

【ES向上】転勤者支援サービスが取扱累計300件を突破しました!

2019/05/17

人事総務部門向け『転勤者住宅支援サービス』の取り扱い件数が累計300件を突破

転勤者と総務人事総務担当者の負担を軽減し、転勤満足度向上をサポート

社宅代行会社に委託するほどの規模でもないが、負担を感じている人事担当者にジャストフィット

 

 

株式会社RESUS(リーサス:大阪市、代表取締役社長:山田雅人)は、人事総務部門(転勤者)向け引越し業者、不動産業者手配サービス『転勤者支援サービス』の取り扱い件数が累計300件を突破しましたのでお知らせいたします。

当社は全国対応可能な引越し業者の手配と併せて、赴任先エリアで法人契約(借上社宅)に特化した不動産業者を専門に紹介しており、社宅代行会社に委託するほどの大企業でもなく、とはいえ自社で手配するのに負担を感じており、手続きのアウトソーシングによって業務軽減したい中小企業様を中心にご利用いただいております。

人事発令の転勤シーズンでは毎月の定例業務に加えて新入社員研修、入退社手続き、従業員情報更新、交通費等手当変更作業、異動届の管理、申請書類の社内決裁や給与データ変更の他にも社会保険・雇用保険被保険者異動届、事業所変更届や随時改定対象者管理など、重要で膨大な作業が一時期に集中し、人事部門は総力をあげて事務作業を行わなければならない時期でもあります。人事部門においては極めて多忙な人事発令の転勤シーズンに、よく知らない地方の賃貸不動産業者検索、手配や、電話応対したり説明したり、入居者の要望を伝言したりする時間はありません。

とはいえ、転勤社員に任せて自由に社宅を決定させると契約トラブルで赴任日に着任できなかったり、規定を超過していたり、逆に全く手続きしていなかったりとあまりに不安です。赴任手続きは人事部が支援し、不動産業者や引越し業者の手配まで責任をもって面倒を見ることが必要ですが、もしも訓練されていない業者や各業者間の連携が取れていないまま依頼してしまうと様々な問題が発生します。転勤社員から人事部へのクレームは特に避けたいところです。

当社では全国の社宅取扱に訓練された不動産業者のネットワークによって転勤制度のある企業の総務人事部門の負担軽減と転勤者満足度向上を支援します。

※当社は手配先業者から1万円程度の紹介料をいただいております。委託企業様や従業員様からの費用はいただいておりません。

 

ところで仲介手数料無料で対応してくれる不動産業者を紹介してほしい会社様が稀にいらっしゃいますが、知に働けば角が立つ人の世。不動産業は手数料商売で、仲介手数料の割引は社員の利益に相反します。なぜなら片側(借主)が払わないならもう片側(家主)から回収するのは当然で、営業担当はやむを得ず広告料をいただける家主の物件を紹介します。広告力十分な駅前好立地の新築マンションは仲介業者に広告料を払いません。つまり、新築格安好立地賃貸マンションは手数料を払わない法人客には紹介できないという極論にもなります。

当社では単なる仲介手数料割引を最優先せず、物件の選択肢を狭めない範囲で手数料割引(最大50%)も実施しています。

事業運営上やむを得ない転勤とはいえ、せめて住居はできる限り良い物件の中から選ばせてあげてほしいと思うES意識の高い事業主様はご利用ください。また、併設社労士事務所による人事制度や転勤制度の見直し等のご相談も併せて承っております。

私たちは従業員を大切にする企業の、「転勤者」支援サービスを行っています。

 

➡お問い合わせフォームへ

■お電話でのお問い合わせ

☎:06-6306-6536

 

《関連記事》

➡【部屋探し・引越し業者手配】転勤者支援サービスのご案内

➡社宅業務担当を任されたら知っておくこと

➡法人専門の不動産業者登録サイト(β版)を開設いたしました

➡不動産賃貸仲介業者の収益改善コンサルティング(経営再建支援)

➡【働き方改革専門】RESUS社会保険労務士事務所のご案内

 

 

 

▲一覧に戻る▲

 

▲トップページへ戻る▲