NEWS

不動産仲介業の働き方改革!不動産BPOサービス3,000件突破!

2019/04/08

法人契約BPOサービスで不動産賃貸仲介業者の働き方改革を支援

賃貸仲介事業者向けサービス『不動産法人契約事務代行サービス』の取り扱い件数が3,000件を突破!!

サービス開始3年を経て不動産仲介業者の高い支持を獲得

事務アウトソーシングによるコア業務への集中で、残業削減によるワーク・ライフ・バランスと利益増加の両立を実現

株式会社RESUS(リーサス:大阪市、代表取締役社長:山田雅人)は、不動産賃貸仲介事業者向けのアウトソーシングサービスである『不動産法人契約事務代行サービス』の取り扱い件数が2016年開始からの3年累計3,000件を突破しましたのでお知らせいたします。

不動産仲介事業者においては来客対応などの接客業務と同時に取引台帳他帳票類の作成、重要事項説明の実施、決済業務など膨大な事務作業を抱えており、長時間労働の是正、ワーク・ライフ・バランスの実現といった働き方改革に一歩遅れを取った業界と言われています。特に老朽化した社有社宅の代替として主流となった借り上げ社宅は、人材不足・採用難の昨今において求職者へのアピールと社員満足度を高める有効な福利厚生制度として注目が高まっており、全国的に契約数は増加傾向にあります。一方不動産会社にとっては継続取引の見込める安定収益性の反面、契約書類の厳しい事前ドラフト(ひな形)チェック、訂正、文言追記や指定書式(締結依頼書)の準備・システム入力と同時に厳格な期日の順守が必要で、個人契約と比較して桁違いの確認作業に相当な時間を要します。また転貸等の契約方式の他、シェアードサービスや社宅業務内製部門、新規参入事業者や各社宅代行会社の手順や指定ツールの違いによって対応方法は多岐にわたり、法人客に対応できるキャリアと高いサービスレベルに達した営業担当者でもかなりの時間と神経を使わなければなりません。とはいえ、自社で一から事務員を採用・教育したり、派遣会社に頼るには余りにもコストがかかりすぎるうえ、難易度の高い業務の内製化にこだわると、コア人員の離職で一切の技術が流出するリスクもあります。同時に、2019年4月1日から順次施行されている『働き方改革関連法』による「時間外労働の上限規制」によって、時間外労働は一カ月45時間、一年360時間までと定められ、不動産業のように繁忙期の集中する業種においては特別な事情による「36協定の特別条項」を締結しても、時間外労働と休日労働の合計が月100時間以上となれば法律違反としてペナルティを科されることになります。

私たち『不動産法人契約事務センター』で物件決定後から契約締結までのプロセスを専門に受託、代行することで各営業担当者のコア業務比率を高め、集客・追客・来店客へのアプローチなど、売上に直結する営業活動に集中すると同時に、常駐のコールセンターによる迅速な問合せ対応、トラブル・紛争の回避、また専門ノウハウの共有化によって契約に関与するお取引先の信頼を高め、継続的に依頼を獲得するリテンションマーケティング(既存顧客の維持)にも効果を発揮します。

業務効率化にはRPA(PC業務の自動化)とBPO(業務プロセスの外注)

本サービスは賃貸不動産法人契約(BtoB)の円滑化と賃貸仲介業者の負担軽減を目的として開始されたBPOサービスで、サービス開始3年目にして取り扱い件数3,000件を突破するに至りました。法人顧客及び社宅代行会社からも高い評価をいただけるようになり、今期より全国を対象にサービス利用者を拡大し、さらなる『不動産会社の働き方改革』を支援・推進していきます。

さらに併設社会保険労務士事務所の専門性を活かした借上社宅制度に関する情報提供、また昨年より大手主要社宅代行会社との意見交換と提携を進めており、借主法人人事部門、社宅代行事業者、賃貸仲介業者(客付け業者)、管理会社(元付け業者)、貸主により分断された各取引当事者間のデータ共有、システム連携により法人契約締結までの膨大な作業プロセスの円滑な各所間連携、業務効率化を進めています。

本サービスをご利用いただいている宅地建物取引業者では、契約事務作業の分業・外部委託による残業時間削減・労働時間短縮によるワーク・ライフ・バランスの実現によって女性社員も活躍しやすい職場環境が整備され、法人営業部門の女性管理職者登用と女性営業社員配置で効果的な集客・営業活動が進み、多様な働き方、キャリア形成の両立に高い効果を実現しています。法人契約のアウトソーシングなら売上を2割増加しながら人件費を2割削減、4割の利益増加も可能です。

当社BPOサービスが選ばれる理由

1.人材紹介・人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い

2.10年以上社宅業務に携わるキャリア社員が多数在籍(宅建保有率50%超)

3.法人契約専門チームの対応で安定的なサービスの提供

4.自社従業員の心身の健康維持(コンプライアンス向上・健康経営への取り組み)

5.常時対応窓口設置による顧客信頼の獲得と依頼増加

よくある質問(FAQ)

Q.支店単位で利用することはできますか?

もちろん可能です。必要な部門単位ごとの利用も可能です。例えば複数の多店舗展開している不動産業者様でも法人取引の多い店舗と少ない店舗があるため、自由に設定していただいて構いません。

Q.サービス導入までどれくらいの期間がかかりますか?

基本の業務フローは当社で作成いたしますので、一連の業務からアウトソーシングする部分をピックアップしたうえで料金を決定後にスタートします。約1か月程度での導入が可能です。

Q.基本フローを確認させてもらいたいのですが?

ご指示いただければ現状利用の最も多いフローを参考にご案内させていただきます。自社の事務部門の機能によって、必要な作業と不要な作業は企業ごとに異なるため、まずは法人契約で行っている手続きを確認のうえご検討ください。

Q.とりあえず相談だけでも可能ですか?

全く問題ありません。当社の見学も可能です。営業担当者や管理職者、経営者まで、情報交換や社宅の動向調査でたくさんの不動産業者の方が訪れています。働き方改革関連法や人材不足など、営業活動するうえで気になることや、情報収集目的でも構いません。

Q.月間どのくらいの依頼が必要で、どれくらいの処理に対応できますか?

当BPOサービスは半分がシステム化、半分は人の手で入力業務等の作業を行っています。毎月依頼(契約)が無くても問題ありませんが、システムの基本料が数万円かかりますのでできる限り多くご依頼いただいた方がボリュームディスカウントになります。事務センターのキャパシティーとして、年間500件(月間50件)程度であれば即時対応可能ですが、年間1,000件を超す作業量の場合は人材の教育が必要なため、導入までに3カ月程度の期間を頂くことになります。

Q.できるだけ安く(お試し)でスタートすることは可能ですか?

トライアル期間を設けて営業の皆様や管理会社様などに実務を通じて周知いただく期間を設けさせていただいております。地域の商習慣は実務を通してしかわからない面も多く、またお互いの社内調整にも試験期間が必要と考えているため、10件程度で細部の調整をさせていただく期間はトライアル(無料)とさせていただいております。

Q.取引できない社宅代行会社はありますか?

現在のところ直接の法人様や大手社宅代行会社様、シェアードサービス会社様から取引をお断りされた例はありません。BPOサービスは即時正確な対応でお取引先法人様の事務処理円滑化にもつながりますので、むしろ歓迎されるほどです。当社は大手社宅代行会社とのつながりも多いため、こちらから熱心に働きかけることで転勤者のご依頼件数増加も期待できます。

 

資料請求(サービスの詳細)

 

働き方改革を進める不動産業者様は是非導入をご検討ください。

➡メールお問合せフォームへ

☎:06-6306-6536(平日10時~18時)

【サービス監修】RESUS社会保険労務士事務所/山田雅人(宅地建物取引士・社会保険労務士)
大企業・上場企業を中心に10年にわたり全国500社以上の人事担当と面談、100社以上の社宅制度導入・見直し・廃止に携わった経験を活かし、不動産に特化した社労士として不動産業者の働き方改革を支援しています。

《関連記事》

➡採用難・人材不足の不動産会社が取り組む正しい対策

➡不動産会社で女性が活躍できる理由と方法

➡住宅手当と社宅制度はどう違う?どちらがお得か比較します。

➡不動産賃貸仲介業者の収益改善コンサルティング(経営再建支援)

➡不動産会社の最適な労働時間管理制度の検討

➡東急社宅マネジメント株式会社とパートナーシップ契約を締結しました

➡不動産契約事務代行サービスが賃貸住宅新聞に掲載されました

➡不動産契約進捗管理システムの販売を開始

➡最低賃金は2019年も大幅な引き上げとなります

➡不動産業と時間外労働の上限規制(働き方改革関連法)

 

 

▲一覧に戻る▲

 

▲トップページへ戻る▲